サンタクロースならNPO法人チャリティーサンタ

被災地サンタプロジェクト

災害の怖さに耐えて頑張った子ども達に、サンタクロースからの「よく頑張ったね」の想いを届けたい

2019年被災地サンタプロジェクト

ボランティアサンタが子どもと指切り

2019年は災害の多い一年となりました。

令和元年度に被災された多くの方々に、心よりお見舞い申し上げます。

被災地の皆様の安全と安心が一日でも早く確保されますことを、心よりお祈り申し上げますとともに、チャリティーサンタとしても、被災地の支援につとめてまいりたいと思います。

「一年の最後は最高にHAPPYな思い出を届けたい!!」

今回そんな想いから、被災されたご家庭に向けて「サンタクロースがプレゼントをお届けする企画」を実施します。(※サンタ役は、サンタ研修を受けた一般ボランティアの方になります。)  

お子さんがいつもがんばっていることや褒めてあげたいことなど、オーダーメイドのメッセージをサンタさんから伝えます。

お子さんに ”クリスマスの特別な思い出” をプレゼントしてみませんか?

 

 =================

応募フォームはこちら

 

応募締切:1次〆切 2019年11月13日(水)、2次〆切11月23日(金)

 ※ 訪問は1次〆切で終了する場合がございますので、ご了承ください。

=================

また2018年度に被災されたみなさまのなかには、まだ生活の立て直しの中にある方もおられると思います。

 必要な方がございましたらそちらのみなさまもお申し込みくださいませ。

  

2019年に発生した水害・台風などで被災された皆様へ

【プロジェクト概要】
・本プロジェクトはNPO法人チャリティーサンタ が運営しております。
・2019年に発生した災害によって被災した幼稚園・保育園およびそれらに準ずる施設に絵本を無料で寄贈いたします。(絵本はブックサンタ2019 によって一般の方から寄付された新品の絵本です)
・絵本の種類はランダムに選定した10冊を1口として、最大10口(100冊)までお申込みいただけます。
※お申込多数の場合、希望口数通りにお届けできない可能性がございます。
・お申込み数が絵本の在庫数を超えた場合、抽選とさせて頂きます。
※発送状況により、希望日時にお届けできない可能性がございます。予めご了承の上お申込みください。

(サンタクロースの訪問はございません)

【応募要綱】
*本プロジェクトは、2019年に発生した災害によって被災した地域の方のみお申込みいただけます。(1箇所につき1申込)
*原則として保育園・幼稚園およびそれらに順する施設の責任者、あるいは施設を支援している団体の責任者の方のみご応募いただけます。
※個人の方は、要相談となります。事前にお問合わせフォームよりお問い合わせください。

=================
応募受付期間:2019年11月5日〜12月25日まで
※応募数が絵本の在庫数に達した場合は期間前であっても応募を締切らせて頂くことがございます。
応募方法:本ページより、お申し込みいただき、応募完了とします。
抽選結果:応募多数の場合、抽選となります。当選は発送をもって替えさせて頂きます。

※当プロジェクトの運営事務局よりメールをお送りできない場合、応募が無効になりますので、「メールアドレスの誤記」「ドメイン指定などの受信の設定」にお気をつけ下さい。

※応募から1週間以内に事務局より応募受付の返信が届かない場合はお問合せフォームよりご連絡をお願い致します。
=================

◎絵本を希望する保育園・幼稚園などの方はこちらからご応募ください◎

「被災地の保育園・幼稚園に絵本を届けようプロジェクト」申込フォーム

◎届ける絵本の支援をご希望の方はこちらをご覧ください◎

ヤフーネット募金「被災した子どもたちに絵本を届けようプロジェクト」

❏注意点
※絵本の種類や対象年齢を指定することはできません。
※本プロジェクトは、絵本を個人に配布ではなく、子ども達が集まる場所への寄贈を想定しております。そのため、絵本の冊数に関しては、お申込が多数の場合、1箇所でも多く寄贈できるよう各所へのお届け冊数を調整し、希望口数通りにお届けできない可能性がございます。
※1箇所(1配送先)で複数(10口以上)の申込がある場合は無効となりますのでお気をつけください。
※絵本の在庫状況に対して応募過多の場合は抽選となります。
※配送日時に関して、可能な限り希望日時に配慮いたしますが、状況によりご希望に沿えないことがございます。予めご了承の上お申込みください。※クリスマス時期を過ぎての発送となる場合もございます。
※本件の運営主体は、NPO法人チャリティーサンタです。
※アンケートの内容は、本取組以外では使用いたしません。
※寄付をしてくださった方に「お名前を伏せた形で」応募の理由などをお伝えする場合がございます。

被災地サンタプロジェクトのはじまり
〜2016年の熊本地震をきっかけに〜

自然災害が発生した時、大きな不安とストレスを抱える子どもたちの為にサンタクロースができること。 それは、怖さに耐えてよく頑張ったね、と、直接言葉をかけてあげること。 2016年の熊本地震の際に、「子どもたちに震災の記憶だけでなく、“サンタクロースがきた”という思い出も残してあげたい」と、その年の12月24日、サンタクロースがプレゼントを持ってご自宅まで訪問するプロジェクトを実施しました。 また、「直接は熊本に行けないけれど、熊本を応援したい」という方に対してネット募金やクラウドファンディングで運営費・プレゼント代金の資金寄付を募ることで、日本中から集まった「頑張れ熊本!」の気持ちを届け、そのメッセージは現地の方々をとても勇気づけました。 チャリティーサンタでは、今後、大規模な自然災害が発生した場所に対して、可能な限り被災地に「サンタクロースとの特別な想い出」を作ることを実施していきます。

2018年の報告

災害の多かった2018年

 2018年は西日本豪雨という未曾有の大災害が起きた年でもありました。 岡山、広島、愛媛を中心に起きた7月豪雨災害をはじめ、その他でも地震・台風などによる全国的に災害の多い年となりました。災害は日常の中で突然起こり、生活を一変させるものです。その災害で、住まいや仕事、生活に困りごとを抱えたり、日常の生活を取り戻すために大きな労力が必要とされます。

 災害の影響で生活の中にストレスを抱え、環境の変化の中がんばってきた子ども達に、一年の最後にサンタクロースから「がんばったね」と伝えてあげたい。クリスマスイブに「サンタクロースの思い出」をプレゼントしたいと準備を進め、結果881名の子ども達に思い出とプレゼントを届けることができました。

このプロジェクトの特徴

  • サンタを呼ぶ費用も、プレゼント代も無償
  • 遠隔地には「サンタクロースからの手紙」を無償送付
  • 「サンタになる」ことも、心の復興に
  • 笑顔は明日の希望を作る

ご家庭からの声

今年は地震があり、子どもたちは子どもの日も避難所で過ごし遊ぶ場所も失いました。地震からの日々は下の子はサンタさんがプレゼントをくれるからと色々なことを頑張ってきました。口には出さなくても、夜泣きやおもらしなどから子どもたちへの地震の影響は大きいものと感じています。このような活動は子どもたちの心のケアに一番助けになると思います。一人の親として、心から感謝いたします。 (熊本市・サンタを依頼したママさん)
熊本という被災地で、地震がずっとあっている中で怖い経験をしながら生活している子どもたちもいて、 お母さんからのメッセージで、地震に耐えて生まれてきてくれてありがとうと書かれたメッセージを見て、多くの人が、子供に対して特別な思いがあるんだなと感じました。また、一緒に回ったグループの人の話をきく中で震災当日の話や生活を聞かせていただき、想像以上の怖さがあったことを知りました。 私の中で、そんな熊本という地で、クリスマスくらいは子供とその家族、周りの人に笑顔を届けたい、すこしでも幸せな気持ちになってほしいという思いが湧いてきました。 こうやって幸せの連鎖が続いていけばな、と感じました。 もらう子どもたちをお父さんお母さんは温かく見守り、、幸せそうな家庭を見ました。 自分もすっごく、幸せな気分になりました。 やってよかったって心から思いました。 今年は震災があった、災難な年だった、 だけど、だからこそ熊本に、チャリティーサンタが作られたのだと思います。 だから、一層、家族の温かさに触れられたと思います。 震災があったという事実は変えられない、それなら一歩進むために幸せの輪を広げよう、そう思いました。 (熊本市・サンタになったボランティア)